ゆたかログ

引き寄せとシンプルライフを意識して快適に生きてる私のサブブログです…

どっちがいい?電子書籍と紙の書籍を使い分けるミニマリストな私の基準

本を読むなら、電子書籍だ!いや、紙媒体の方がいい!

そういった「電子書籍VS紙の書籍」の話を今でも耳に挟むことがありますが、私は両方をジャンルによって使い分けて利用しています。良いとこ取りです。

 

本を購入する際に「これは電子?いや紙の方がいいかな…」と迷ってしまう方に向けて、私個人の買い分け方をご紹介します。また、電子書籍と紙の書籍の各メリットとデメリットを挙げます。

 

さらに、電子辞書も活用したい!という方に向けて、本をお得に読む方法もお伝えします。ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

f:id:hiyamano:20200121134024j:plain

 

 

 

 

電子書籍・紙の書籍の使い分け

私が本を電子書籍と紙の書籍に買い分けるジャンルとその理由を表にしました。

ちなみに私の立場は…

 

・ミニマリスト思考

(物は必要最低限に抑えたい!)

・小説や漫画は一度読んだらあまり読み返さない

・買った時点で買取の時のことを考える

 

こういう人の基準です。

また、電子書籍はKindleを使用しています。

 

電子書籍で買ったほうが良いジャンル

■ジャンルの名前■ ■その理由■
ビジネス書・自己啓発系

Kindleの場合、マーカーを引いた箇所と付箋をつけた箇所を「ノートブック」で管理できる。そのため、印象に残った部分は「ノートブック」を見ればすぐにそのページまでたどり着くことができる。(Kindle)

付箋をつけたり書き込みが難しい移動中でも気軽に利用できる。

人に見られたくない系 自分にとって人に見られたくない作品は紙の書籍よりも電子書籍で持っておく方が精神衛生上良い。
テキスト・教材

書き込みができないものの、持ち運びが手軽なため、勉強しやすくなる。

複数のテキストを一括で管理することができる。

イラスト本 イラスト本の多くはページ数が多く、分厚いため、お気に入りのイラストのページを開き続けることが難しいが、電子書籍の場合は、スクリーン全体に映る。

 

◾️注意点

文章ファイル(いわゆる、マーカーが引けたりする状態)ではなく、画像ファイルになっている作品はオススメできません。

マーカーを引くことができませんし、一部の端末では各ページごとに拡大しなければならず、非常に読みにくいからです。

 

紙の書籍で買った方が良いジャンル

■ジャンルの名前■ ■その理由■
雑誌

電子辞書の場合、雑誌によってはページが右読みになり、左右が逆になるなど読みにくい。

旬が過ぎたら処分(リサイクルや古本屋への買取)が可能。

お気に入りのページや情報をハサミで切り取ることが可能。(スクラップなどが好きな方向け)

小説

ビジネス書などと比べて、マーカーなどを引く機会が少ない場合は、目に優しい紙の方が向いている。

同じ作品を何度も読まない方は買取に出すことができる。

漫画

基本的に付箋を利用することがないため、紙の書籍で読んだ方が目に優しい。

気に入ったシーンをめくる場合、電子書籍よりも手でめくる方が早い。

もう読まないと感じたら買取に出すことができる。

 

 

 電子書籍と紙の書籍のメリット・デメリット

私の買い分け方についてご紹介しましたが、当然ながら全ての方に合う方法ではないと思います。そこで、電子書籍と紙の書籍、それぞれのメリットとデメリットもまとめておきます。

 

電子書籍のメリット・デメリット

・目が疲れる

・買取ができない

・電子書籍化していない作品もある

↕︎

 

・紙の書籍より安く購入できる

※例外あり

・マーカーや付箋の機能が便利

・持ち運びが楽、かさばらない

・物が増えない

・読みたいと思ったら外に出ずともすぐ読める

 

紙の書籍のメリット・デメリット

・本によっては、重要なところをチェックするためにマーカーや付箋を用意する必要があり、手間がかかる

・持ち運びする際に荷物が増えたり重くなる

↕︎

・不要になったら買取ができる

・電子辞書に比べて目が疲れにくい

・紙に触れることで「読書」していることを感じ、楽しむことができる

・人前で読む時、スマホやタブレットなどよりも悪い印象を与えない

 

いずれも良い点と悪い点がありますが、両方をうまく使い分ければ、読書はさらに楽しいものになります。

電子書籍を読むならKindleが圧倒的に良い

メリットの多い電子書籍ですが、利用するのであればお馴染みのKindleをオススメしています。それは、作品数が圧倒的に多いことに加え、月額サービスを利用することで一部の書籍が無料で読めてしまうからです。

 

Amazon Primeで一部の書籍が無料で読める

そもそも、Amazon Primeとは

年間プラン4,900円(税込)または月間プラン500円(税込)で、迅速で便利な配送特典や、プライム会員特典に含まれるPrime Video、Prime Music、Amazon Photos、Prime Reading等のデジタル特典を追加料金なしで使える会員制プログラムです。(Amazonより引用)

私はAmazonで買い物をする機会がそこそこ多いため、年間プランで入会しています。最初は送料や到着のスピードなどを考えて入会しました。

ですが、それだけではなくPrime Videoで映像を無料で視聴できたり、Amazon Readingで一部の書籍を無料で読むことができることに感動しています。

Prime Readingだけが目的としても、月額500円は非常に優しいのではないかなと思います。

さらに、まだ入会したことのない方は、最初の1ヶ月を無料で利用できます。

どんなジャンルの本があるのか

小説、ビジネス書、実用書、英語テキスト、漫画、雑誌、洋書など、本当に多岐に渡ります。

新しく発売された本はもちろん取り扱いがありませんが、ベストセラー作品はよく見かけます。

Kindle Unlimitedでさらに多くの書籍が読める

Prime Readingとは別に、「Kindle Unlimited」という月額サービスがありますが、こちらに登録すると読める書籍の数が増えます。

月額980円で利用ができますが、Amazon Prime(Prime Reading)と同様、最初の1ヶ月は無料で利用することができます。

1ヶ月に1冊から2冊読んだだけでも元が取れてしまうのは驚愕です。ビジネス書などを読む機会が多い方はぜひおすすめします。

 

まとめ

電子書籍と紙の書籍をうまく使い分けることができれば、忙しい日々の中に読書をする時間を取り入れることができます。

また、本を読みたいけど、何冊も読むことで金銭的負担を感じる方は、Amazon PrimeやKindle Unlimitedを利用することをオススメします。