ゆたかログ

引き寄せとシンプルライフを意識して快適に生きてる私のサブブログです…

マイナーキャラがフィギュア化された話【2年前に引き寄せノートに書いたら…】

 こんにちは。ゆたか(@itmytk)だよ。

実は、2年前に「とあるマイナーキャラクターをあのブランドでフィギュア化してくれないかな〜」と強く願っていたのですが、なんとそれが叶いました。

 

 

何のキャラクターであるかは、その界隈に迷惑をかけたくない為伏せておきますが、どれほど奇跡的か…という事は後述します。

正直このフィギュア化というのは自力ではどうしようもできません。メジャーならともかく、マイナー…しかも日本では人気が低い(海外の方が高いかな?)ですからなおさら難しい話でした。

ですから「引き寄せ」というものを知っていた私は、それで実現化しようとしたのです笑

タイムラグはあったものの、自力ではどうしようもできないことを現実化できた…という1つの体験談として記録しておきます。

 

 

 

 

そのフィギュア化を「引き寄せ」る為にした事

当時、そのフィギュア化を願ったきっかけは、そのキャラクター(以降、Aと称します)が登場する作品の主人公が好きなフィギュアブランドの会社から発売された事でした。

 

ちなみに今回フィギュア化が決まったAは「主人公の敵」ポジションです。作品全体で大きな影響はあったものの、人気投票は下の方で好きな人と嫌いな人がハッキリ別れるキャラクターでした。

友人に「Aもフィギュア化して欲しい!」という話をしたら「マイナーすぎて無理」「絶対ありえない」と口を揃えて言われたこともあります。

しかし、マイナーとはいえ割と作品に欠かせないキャラクターであるし、何よりも「引き寄せの法則」にハマっていた為、実現化はありえるな、と感じてはいました。

 

そのキャラクターが本当に好きで、どうしてもフィギュア化して欲しかった…その時していたことが

 

・手に入れた時の事を妄想

・ノートにイラストを描き、スケジューリング

 

この2つです。

手に入れた時の事を妄想

f:id:hiyamano:20200116172646j:plain



そのフィギュアが実装されたら私は何をしてどんな気持ちになるのかを臨場感を持って妄想しまくりました。いわゆるイメージングというやつです。

まずは発売が決まってホームページに画像が表示されているのを見つけて喜び狂っている自分を浮かべました。

嬉しい!やった!歓喜!尊い!喜び狂った後に私は震えた手で友人にメッセージを送ります。「前言ってたやつ!出たよ!」と…

なお、この妄想が時を経て昨日の出来事となりました。

 

そして商品が届いたら開封前に写真を撮りまくります。開封して全てのパーツ、ポージングをつけて写真を一通り撮ります。

旅行に行くようなことがあればそのフィギュアを持参し、旅先の風景をバックにそのフィギュアを撮るでしょう!ああ…感涙…!

とまぁこういった感じで妄想してニヤついていました。

このように、

 

・具体的にどうなったか

・その時どう感じるか

 

臨場感を持って頭の中で思い描くことをしていたのです。

 

ノートにイラストを描き、スケジューリング

f:id:hiyamano:20200116172740j:plain



私は願望実現ノートというものに、叶えることを完了形で書いているのですが、そこに「Aがあのブランドでフィギュア化した〜〜あ〜〜〜幸せ〜〜」と書いてイラストも添えました。

 

実装したらどんな感じになるか、イメージしたのです。そのフィギュアは顔のパーツも変えられるので、どんな感じになるかも妄想して描いたのですが、私の描いた「悪役顔」に似た感じのパーツが商品化していたので思わず合掌。

 

さらに実践したのがスケジューリングです。これは、「“奇跡"は自分で起こせる! 3日後「引き寄せ」日記」という著書に影響を受けて実践しました。

 

もちろん、スケジューリングした日には実現しません。

「発売が決まった」と書かれた日にサイトを開いては、そんなことはない…という現実を繰り返すうちに、そのスケジューリングはしなくなった…つまり、強い執着が弱まったという状況だったのですが、そこが重要でした。

 

なぜなら、強い執着があるほど、「叶っていない現実」にフォーカスしてしまうからです。

しかし最初から執着しないことは難しいため、ある程度こだわって、それでもダメ…という経験をしてから力が抜ける…というある意味自然に委ねる形になったのが良かったと言えます。

まとめ

私は今回の件を、なんとなく「いける」と確信していました。その理由はわかりません。むしろ、実装しない可能性の方が大きかったはずでした。

それでもなぜか、私が願ったことだからいけると思っていたのです。これは一朝一夕で身につく感覚ではありませんが、自分を騙す力…ある意味おバカさんになることが大切です。

この根拠のない自信に加え、イメージングや書くという作業を加えたからこそ、より見えない力というものが働いたと考えています。

以上のことを「引き寄せではなく偶然なのでは?」「それが原因ではなくこじつけ」と言ってしまえばそれまでです。

ですが私は、この妄想や信じる力が働いてくれたと思っていますし、今回の出来事でより「自分(あなたも含め)は願望を実現する能力がある」ということが腑に落ちました。

もし「引き寄せの法則」というものに興味があり、その力を使ってみたい!と考えているのであれば、

 

・根拠なき自信、確信を持つこと

・タイムラグに耐える心

・実現した時の感情を臨場感を持って妄想する

 

この3点がポイントになります。ぜひ身近なことからでも実践してみてくださいね!