ゆたかログ

引き寄せとシンプルライフを意識して快適に生きてる私のサブブログです…

新月の願い事は叶う?約6ヶ月継続した結果【願望を実現する方法】

突然ですが、「新月の願いごと」ってご存知ですか?

簡潔にいうと、月の力が非常に強い新月の日に願いごとを書くことで、叶いやすくする…というものです。

果たしてそれは本当なのか?

スピリチュアルの力や知識に乏しい私が約半年やってみた結果、先に結論を言えば…

割と叶う」です。

この「割と」については最後まで読めばお分りいただけると思います。

 

今回は、実際に半年ほど実践してきた私が、その内容をお伝えすると同時に、その中で得た気づき(叶ってないものはなぜ叶わないのか?)などをシェアしていきます。

 

・新月に願いごとをすることは本当に有効なのか疑問に思う方

・なかなか願望が実現できず困っている方

・経験者の声が知りたいという方

 

こういった方へ生の声をお伝えするので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

f:id:hiyamano:20200122101552j:plain

 

 

 

 

そもそも新月の願いごととは

新月の願いごとというのは、冒頭で述べたとおり、毎月あるお月様の力が強い「新月」の期間中(毎月日時は変わります)に願望を書くというものです。

月の強い効力を借りて、願いを叶えやすくしよう!ということですね。

アファメーションという言葉をご存知の方にとってはより分りやすいでしょう。

願望を書き出す、そのポイントは

 

・紙に書き出すこと(スマホよりも手書き推奨)

・完了形(「〜しました」「〜できました」など)

・肯定文を使うこと

(「スイーツやめた」よりも「体に良いものだけ食べてる」など)

・叶った前提で感謝の気持ちを添えること

・箇条書きで書く個数は大体10未満であること

・叶った時のことをイメージすること

 

などが挙げられます。

また、

 

・新月になって8時間以内に行うこと

・ボイドタイムという月の効力が弱まる時間を避ける

こういったタイミングも大切です。

一見、ルールが多くて大変そうに見えますよね。

ですが、これだけで願いが叶うなら…と思えば簡単な方だと思います笑

 

私が叶えたこと、叶えられなかったこと

スピリチュアル系や月に詳しくない私が一種のおまじない程度で約半年「新月」に願いごとを書くことを継続しました。期間は、2019年4月〜9月です。

まずは実際に叶えたことと叶ってないことを一部ご紹介します。ただし、途中で「やっぱりこれはいいかな?」と思った項目は除外しています。

また、いずれもタイムラグがあり、実現までに時間がかかったものも含んでいます。

 

叶えられたこと

顔が小さくなった 写真を比較したら明らかに変化したのが分りました。
肌が綺麗になった 色が白くなりました。実感として…
ベッドからマットレスへ

4月の新月で願ったことが6月末に叶いました。

ベットの処理がなかなかできなかったけどある日実家での断捨離が急激に進み…という感じです。

SNSのフォロワーさん3桁 Twitterとinstagramのフォロワーさんが3桁になりました
行きたかった店(東京)へ行けた

6月と7月の新月に願ったことが8月末にあっさり叶いました。

ずっと行きたかったけど敷居が高く、かつ遠方で行けなかった…そこで幸せな時間を過ごしたことは忘れられない…

推しに会えた ずっと会うことを夢みてた推しに会えました…(もちろん公的な場で)
資格を取得できた 6月に受講した資格を全て無事一発で取得することができました
体調が安定していて健康 この半年の間、全く体壊してません…!

努力次第で叶えられることもあれば、運が味方してくれたなぁ…というものもあります。

 

一方で、叶ってないこと

本業以外で成功する 今本業としてやっていること以外で収入源が欲しかったのですがいまだに未達成です。
月収が○○万円になる 月によって額が変動していますが、給料UPを望んでいます。
サイトのPV数が爆増

してません笑

(2019年9月26日(木)追記)

してました…!この記事を書いたときは「そう変わっていないだろう」と見ていませんでしたが、2〜3倍安定して増えていました。

iPhoneXを買わずに入手 買うお金はあるけど貰いたい謎心理。
SNSフォロワーさん○○人 3桁というざっくり目標は達成するも、望んでいる自然な増え方は未達成。

 

こうして見ると、お金や高価な物に関することがなかなか実現していない…という特徴がありますよね。

なぜそういったものが叶いにくいのか…という理由にも触れつつ、実際に「新月の願いごと」を行って得た気づきを挙げていきます。

 

定期的に確認することが良い

「新月」の日に願いごとを書くようになってから、自分の願望を見つめる機会が大幅に増えました。

もちろんざっくりとした大きな願望はあるのですが、改めて見返すことが私の場合はなかったのです。

よって、こうして日にちを決めて定期的に自分の願望を目で確認することに意味があったのではないかと思います。

 

繰り返すうちに真の願望に気づける

毎月書いていきましたが、振り返ると「こんなことも望んでいたのか…」というものもあります。

つまり、しばらく経つとそんなに大して望んでなかったかも?というようなことです。

こうして繰り返し願いを書き出すことで、自分が本当に望んでいることに気づけます。特に何度も書いているようなこと…私の場合は金銭面ですが、それが自分の中で優先順位が高いのだと分ります。

自分にとって重要なことが分かれば漠然と「あれもやりたいこれもやりたい」と思い悩むことを解決できるため、自分を知るには良い作業だと言えますね。

また、逆にあまり書かれていない項目…私の場合は恋愛や健康ですが、それはすでに持っている=満たされているのだということも分かります。

もちろん、そのことに関しては感謝の気持ちを忘れてはいけませんし、持っているということを改めて知ることも大切ですね。

 

新月のルールを守りすぎたら本末転倒

とはいえ、ルールに縛られすぎることには注意する必要があります。

なぜなら、「該当する時間に必ず規定通りに書かなきゃ叶わない」と認識してしまうからです。

思考が現実化するこの世界で、その考えにとらわれてしまうと、叶うものも叶わなくなってしまいます。

あくまでも、お月様の力をお借りしよう!という感覚が大切です。

 

 

叶ってないことはなぜ叶ってないのか

おそらくここが一番気になるポイントなのではないでしょうか。

「新月」に願ったことで、叶えられるものとそうでないものの差は何なのか?なぜ叶えられないのか?その理由として考えられることが、3つあります。

 

単純にタイムラグが起きている

「新月」に願ったことが当月中に叶うことがあれば、数ヶ月先でふと叶うこともあります。これは体験済みです。

よって、私が今回「叶ってないこと」に書いたことも、この記事を書いている時点で実現していないだけで、叶わないと決まった訳ではありません。

もしかしたら明日叶うかもしれませんし、数ヶ月後かもしれません。

出来るだけ早く叶ってほしい…という気持ちは大いに分りますし、私もそうです。ですが、自力でなくスピリチュアルの力を借りるとき、それを実現するのに「タイミング」が非常に重要になります。

ですから、それをコントロールしようとすれば遠ざかってしまうのです。

また、「早く、早く」と焦ってしまうと、その力を本当は信じていない…ということになりますから、願っているつもりでも心の中で否定していることになる…つまり、現実化が難しくなるということです。

よく、「叶ったつもりで過ごす」ことが大切だと言われます。

ですから、タイムラグが生じて不安になったら、「叶っていない」ことにフォーカスするのではなく、タイミングも全てお任せして、「ありがとう〜」と叶ったことを先取りして安心してしまうのがコツです。

時間がかかると不信感が募るのは当然ですが、その不信感はなるべく払拭しましょう。

 

重要なことは力んでしまうから

叶いにくいことの多くは、自分にとって重要なことであったり、規模の大きなことです。ですからその分、力んでしまいますよね。

ですが、他力に任せて願いを実現するときにはリラックスした気持ちが必要になります。

分りやすい例を挙げると、ガチャガチャです。

求めているカードや商品があると、それが当たってほしい!と力を込めますよね。ガチャガチャを回すときに「お願い!○○!来て!」と念じたりしたことはないですか?

でもそういうときに限ってなかなか出てきませんよね…

逆に、あまり力を入れず何も考えずに回したときに限って求めていたものが出てくる…そんな経験はないでしょうか?まさにそのような感じです。

重要なことや絶対叶えたいことについて、力を入れるな!という方が難しいと感じるかもしれません。

ですが、最初はとことんこだわって力を入れて、疲れたら気が抜ける瞬間ってありますよね。そこがチャンスです。

いきなり力を抜け!というより、手をぎゅっと力強く握って離した時の方が力を抜きやすいように、本当に叶えたいことも「忘れた頃に叶う」ということが起こりやすいです。

この実感は、離職を叶えたときに確信しました。

 

重要なことは勇気を伴うから

自分にとって重要なことや規模の大きなことは、実現するときに勇気を伴います。

実は、そのチャンスはもう降りかかっているのかもしれませんが、その「叶えたい」ことを達成するために今持っているものを手放さなければならない…ということがあります。

それってすごく勇気がいりますよね。

例えば私の場合ですが、今の本職とは別のことで生計を立てたいと願っています。ですが、本職は1年ほどやっており、安定した給料を得られているため、それを手放すにはかなりの勇気がいりますし、執着もあります。

(もちろん、ここで手放さなきゃ絶対にいけない!というわけではありません)

そこを手放すことができれば、確実に次のステージに行けるというのはわかっているのですが、行動に移す勇気がないのです。

私の場合は、まだその本職に対して「好き」という感情があるため、自分の現状を理解しつつ、「好きなのに手放したらまた戻るだろう…」など、後悔する可能性があることを感じています。

ですが、「好き」が消えてしまったら、いかなる状況でも手放そう…と考えています。

このように、実現したいことほど大きな勇気を伴います。それを乗り越えれば、今叶ってないこともグッと後押しされることでしょう。

 

まとめ

私は、月無くしてはこの地球で生存できない…ということを知ってから、月について興味を持ち、「新月の願いごと」という行為を知りました。

そして、実際にやってみた結果、割と叶いました。

大切なことは、願いごとを定期的に書き出すことで、自分と向き合う時間を作ること。そして、望むことは叶うんだということを体験していき、最終的には今できないと思っていることも手にすることです。

この世界には自分の力で努力して得られるものもあれば、そうでないものもあります。そうでないものに関しては「お願い」をして見えない力に頼ってしまえば良いのです。

努力は、今の自分の知識や過去の経験に基づいて行われるものですが、「お願い」はそういったものを超越し、全く意外・想定外の形で叶えてくれます。

きっと、形式として「お願い」をしていなくても、今までの人生の中で無意識にそういった経験をしたことがあるのではないでしょうか。

あ、もちろん、努力で得られるものも「お願い」をして簡単に得るのも有りですよ笑

よりこの世界を豊かに過ごすためにも、ぜひ新月に願いごとをすることを取り入れてみてくださいね。