ゆたかログ

引き寄せとシンプルライフを意識して快適に生きてる私のサブブログです…

自己卑下をした時の向き合い方【自分からの重要なメッセージ】

こんにちは。ゆたかだよ。

先日私が無意識にツイートしたことで気づきがありました。

それは、あまりにも無意識に自己卑下をしてしまっていた…ということです。

 

 

f:id:hiyamano:20200204091954j:plain



 

 

普段、「自分を大切にする」ことの大切さをしつこいくらい訴えている私が…です!

あまりにもナチュラルに自分を見下す表現をしてしまったため、今回はそのツイートを振り返ると同時に、ついついやってしまう自己卑下との向き合い方についてシェアします。

「私もつい自己卑下をしてしまう…」「自分を良い風に思えない…」という方は一緒にその向き合い方について考えていきましょう!

 

 

 

 

そもそもなぜ自己卑下を避けるべきか

前置きとして、自己卑下はなぜ避けるべきかというそもそもの話をさせてください。

 

シンプルに自分をけなすという行動自体が問題ではあるのですが、もっと重要なのが、良し悪しを判断できない潜在意識(無意識、コントロールできない意識)にネガティブな表現が定着してしまう恐れがあることです。

 

潜在意識のはたらきは約95%ほどを占め、圧倒的な力を持っていますが、顕在意識(意識して考えること)に従順ですから、発した言葉に影響を受けてしまいます。

よって、自己卑下の言葉を口に出していると、ネガティブな現実が起きてしまうということです。

ですから、自分に対して冗談や謙遜でも悪いことを口に出すことは避ける必要があります。

問題のツイート

さて、問題のツイートがこちらです。

 

「この弱小アカウント」と、いとも簡単に言ってしまいました。私の本音として、自分のアカウントを弱小とみなしているのです。

 

また、自分のアカウントについて「目立たないところ」とまで言っています。

確かに私がそう宣言してしまえばその通りになるのもおかしくはない…。

 

※ちなみに、「弱小」というのはフォロワー数を指して意味しているのではなく、自分の実感として影響力がない…と感じているからそのように表現しました。

 

自己卑下してしまうこと自体は悪いことか?

もちろん、自分が本音でそのように思うこと…ある意味ネガティブな感情を抱いていること自体を否定はしません

なぜなら、それが本当に思っていることであり、否定する必要がないからです。

「自己卑下なんてしたらダメだ」と否定してしまうと、結局蓋をするだけですから、余計に苦しくなってしまいます。

また、本音がそう言っているということは、まだ自分の中で思っていることと本音が一致していない!というメッセージであるとも捉えられます。

ここで大切なのが、そう思うこと自体にOKを出し、「そう思っているんだね」と認めることです。

 

しかし、放っておくのは問題で、そのままにしておくとこれからも自分を卑下するような表現をなんの違和感もなく行ってしまいます。

 

自己卑下をしてしまったと感じたら…

あ、これって自己卑下してしまってるな…と気づいて、それを否定せず受け止めることができたら、表現をすり替えてしまうのが良いです。

 

なぜなら、自分の自己卑下を認めた上で、表現を変更することを繰り返すことで、次第に自己卑下してしまう癖を修正できるからです。

 

例えば、今回の私の場合「弱小」のアカウントと表現していますが、これをシンプルに「最強」と言ってしまえば良いのです。

 

もちろん、客観的に見てそうではないかもしれませんし、自分でもなかなかそうは思えないかもしれません。

しかし、それは今現時点での話であり、未来のことはわかりません。いずれはものすごく影響力を持つかもしれません。

 

ある意味それは「嘘」になってしまいますが、「嘘」は「嘘」であり、理想と現実のギャップというものがないのです。ですから、「現実はそうじゃない…」と思う必要がないのです。

 

もちろん、公言する…例えばプロフに、嘘の実績を書いたりするなど、人に影響を与えてしまうことに関しては気をつけなければいけません。

しかし、自分自身に語りかける…または唱える分には問題ありません。

 

自分に「嘘」の言葉を唱えるということは、また本音が抵抗を示すかもしれませんが、繰り返すうちに本音と頭で考えていること(=嘘…なりたい姿)が一致し、現実がその方向へ向かいます。

 

癖って恐ろしい!

とはいえ、癖とは恐ろしいもので、上記のことを実践している私ですら今回のような発言をしてしまうことがあります。

しかし、それを単に失敗だとか悪いことだとは思いません。

自分からのメッセージだと思っています。

「最近、自分をないがしろにしてないか?」

こういった自分からの言葉が「弱小」という表現となり現れたのだと思っています。

 

まとめ

つい自己卑下をしてしまう…という方、大丈夫ですよ!

それを否定したり「またやってしまった」と落ち込む必要はありません。それも大切な自分からのメッセージなのです。

しかし、それを受け取って放置するだけではなく、新しい思考を送り出す必要もあります。

かつては自己卑下ばかりしてきた私でもここまで変われましたし、たまにこういったことも起こりますが、オールOKとしています。

もしまた否定的な言葉が浮かんだら、「どうしたの?」と自分に語りかけてみてくださいね!