ひやまの「断捨離で自分を好きになる!」

「自分を大切にするってどうやるの?」自己肯定感が低いことに悩み続けてきた私が断捨離を始めた結果、少しずつ自分を大切にできるようになった話と、そのほかいろいろ語ります。

劇場版コードブルーを見てきたよ

ご無沙汰の更新です。ひやまは生きてます。

今日は映画を見に行きましたが、その時に

あっ!ブログに感想書こう・・・!と思いついて突然浮上しました。

それにしても本当にお久しぶりすぎますね・・・。

 

今日見た映画は、

劇場版コード・ブルー

-ドクターヘリ緊急救命-

 

f:id:hiyamano:20180804181949p:plain

 

※画像は公式サイトのスクリーンショットです。

 

 

ひやまはテレビシリーズをほとんど見たことがありません。

見たことがあるといえば、再放送くらいですが、

ちらっと見てたくらいで人物名はもちろん人間関係とか内容も

一切知らない状態でした。ですから、ほとんど初見さんに近い人です。

そんな私が今回映画を見ようと思ったのは、評判がよかったことと、

新垣結衣さんの出演作品がなんとなく見たい気分だったからです。

 

 

上映時間は二時間弱。結論から言うと良かったです。

コードブルーはとても人気が高く有名な作品ですから、

昔から見ているファンの方にとってはとても楽しめる作品だったと

想像できますが、私のようなほとんど初見の人でも、

置いていかれることなく楽しむことができました。

特別医療系のドラマが好きと言うわけではないため、医療系ドラマには

詳しくないのですが、見ていて本当にリアルだなぁ・・・

演じてる役者さん本当すごいな・・・と実感するくらいクオリティが

高かったと思います。

作中で「お前ら本当に病院好きだなぁ」と言うセリフが何度かありましたが、

人生かけて仕事に取り組む姿には刺激を受けました。

(惰性で仕事している人間には羨ましいっすw)

 

演技や演出のクオリティが高いと感じた一方で、中身については

それぞれの患者さんのストーリーを詰め込みすぎて

ちょっとまとまりのない印象はありました。

ややネタバレになりそうですが、藍沢先生が結構なピンチに陥るのですが、

正直まぁ大丈夫なんだろうな・・・ってどこか冷静な自分がいたり。

庇ってもらった女の子は、藍沢先生にひどいこと言ってしまった・・・

と後悔していたけれど、それを本人に謝罪(または伝える)シーンが

なかったことが少し驚きでした。

あと、腹部に鉄が刺さってしまった父親と虐待を受けていた息子・・・

あの二人のその後が描かれていなかったことも不思議でした。

そもそも親父さん助かったのか?助かってなかったら、作中で伝えたいって

言ってたこと伝えられてないよね・・・そこがちょっと気になってしまった。

 

また、印象的だったのはかたせ梨乃さんの演技!

さすがベテラン女優さん。圧巻でした。

頭に包丁刺さってるシーン個人的にめちゃ怖かったです!

 

 

映画を見て帰宅したら、再放送やってました。

今作の余韻を感じたくて見なかったのですが(笑)

随分シリーズが続いた作品のようですが、これで最終作になるのでしょうか。

だとしたら勿体無い。と感じた新参でした。

 

 

 

 

 ↓押してもらえると励みになります!

 


にほんブログ村