ひやまの「断捨離で自分を好きになる!」

「自分を大切にするってどうやるの?」自己肯定感が低いことに悩み続けてきた私が断捨離を始めた結果、少しずつ自分を大切にできるようになった話と、そのほかいろいろ語ります。

ポジティブ変換は続けていれば質が上がる!

前に、年末年始の体調不良について書きました。

その時は、「やっぱ健康ってありがたいなぁ…」という気持ちを

素直に抱いておりましたが、

「あの時苦しんだおかげで、今体調悪い人の気持ちがわかる」

そんなことをふと思いました。と同時に、

「自分、昔と比べてかなりポジティブになったなぁ」と気付きました。

 

昔からこうだったわけではありません。むしろ正反対です。

ですから、私のする多くのポジティブ発言は、ホンモノではなく作り出したものです。

しかし、中にはホンモノの天然物もありますし、それが出やすくなりました。

勉強やスポーツと同じで、ポジティブに考える習慣が身につくと、

次第に上達していくものだなぁ…と最近になって実感しました。

 

f:id:hiyamano:20180108104754j:plain

 

 

 

 

1.ポジティブ変換するようになったきっかけ

昔の話。

私はとてもネガティブな性格の持ち主でした。

何が起こってもすぐ悪い方向で考えるし、

中学生の頃は人生に絶望し、死ぬ方法ばかり考えていました。

まぁそれでも何とか生きてきましたが、

そんな中、高校生の時に上原愛加さんの本

「世界一!愛されて幸福になる魔法のプリンセスレッスン」に出会いました。

 

 

某雑誌の記事に掲載されていたのを機に、上原さんの著書を知り、

何となく気になって本を購入しました。

自己啓発系の本を買ったのは、この著書が初めてで、かつ私の今の考え方に

この本の内容が多く反映しているという点で、バイブルとも言えます。

いろいろその系統に詳しくなった今言えることではありますが、

自己啓発と引き寄せの法則を掛け合わせたような感じです。

(もともとこの二つは似たようなジャンルですが)

 

ざっくり内容を説明すると、

  • 自分を大切にすることの重要性と、その具体的な方法
  • 気分よく過ごすことで幸せが訪れる
  • ネガティブな考えをポジティブに変換すること

について書かれています。

頑張りすぎる・生き辛い・自己肯定感が低い…そういった方にとって

この本の内容は衝撃的なことばかりだと思います。

 

詳細は、また別の記事で書くかもしれませんが、今回はポジティブ変換のこと。

何が起こっても、幸せなことが起こるためのプロセスと考える…と

良い方向に考える方法をこの本で学びました。

 

 

   

 

 

2.無理やり・嘘くさいと、変換自体にネガティブな感情を持つ

何事もポジティブに考えた方が、心は楽になる…というのは百も承知。

ですが、それができたら苦労はしない!ネガティブさんにとって

ポジティブにものを考えるというものは困難極まりないことです。

それでも試してみました。

例えば、

・電車が遅れている

→もし時間通りに発車していたら事故に巻き込まれていたかも。

 だから遅れてよかった。

 

今では素直にこのポジティブな考え方ができますが、

当初はこんな考え方をしていること自体が、

本当は不幸なことなのに「無理やり」幸せだと錯覚させている

というかなりひねくれた考えを持っていました。

 

 

3.次第におもしろくなってくる

しかし、これも続けてくると次第におもしろくなってきました。

何が面白かったかというと、起こった事実を悲観的にしか捉えられなかった

自分が、無理やりでも良い方向に考えようとしているギャップです。

 何か悪いことが起これば、その時は一瞬ネガティブな考えを抱きますが、

いつの間にかポジティブ変換が癖になっているので、

「無理やり」なポジティブな捉え方が浮かびます。

そしてそれが「無理やり」であればあるほど、その発想自体に自分で笑えて来て、

むしろ最初に起こるネガティブな感情がどうでもよくなってきます。

もちろん事の重要さにもよってくるのですが。

 

 

 

 

 4.それが自然になってくる

おもしろくなってきたら占めたもの。

ポジティブ変換術をほとんど身につけたと言っても過言ではないでしょう。

最終的には、ネガティブな事に対してだけではなく、

何でもないような事にまでポジティブな発想が浮かぶようになりました。

 

例えば、

・自転車で走っていた

→あ、今鳥のフンかけられなかった!ラッキー!

※通学中にかけられた過去があります

 

そういう風に考えた瞬間、しょうもないなぁと笑えてくるのですが、

何も起こっていないのにラッキーだと言えるのは素敵なことですよね。

こういう積み重ねが幸福感度をあげていくのだなぁと思います。

 

5.まとめ

私は生まれつきネガティブな性格だからポジティブにはなれない

かつてそんな風に思っていましたが、だいぶ変わることができました。

もともとポジティブな人には敵わないかもしれませんが、

以前に比べてかなり心が楽になったので、個人的には良かったと思います。

もし、自分はネガティブだけどポジティブになりたい…

そんな風に考えていらっしゃるなら、

 

  • まずは、やる!(無理やりでもポジティブ変換してみること)
  • それ自体をネガティブに捉えてもOK→次第に慣れる
  • どんなに小さいことやくだらないことでも構わないから楽しむ

 

この三点をヒントにして頂けたらと思います。

今日もブログ更新できてよかった~

 

 

 

 

↓押してもらえると励みになります!

 


にほんブログ村