ひやまの「断捨離で自分を好きになる!」

「自分を大切にするってどうやるの?」自己肯定感が低いことに悩み続けてきた私が断捨離を始めた結果、少しずつ自分を大切にできるようになった話と、そのほかいろいろ語ります。

同性愛?モスクワを舞台に二人の美女を描いた「you and i」を観ました【ネタバレ有】

こんにちは。ひやまです。

 

今回の映画レビューは、「you and i」という作品です。

f:id:hiyamano:20170626194507j:plain

 

DMM.com 宅配DVDレンタルで視聴しました。

 

詳しくはこちら↓

hiyamano.hateblo.jp

 

 

本作は、ポップバンドのファンサイトを通じて知り合った

ロシア人と、モスクワ在住のアメリカ人の女の子二人を描いたものです。

 

こちらも、先週観た映画と同様、

同性愛(ガールズラブレズビアン)の要素があります。

また、t.A.T.uという実在する二人組の歌手が登場しているという点が、

なかなか珍しいのではないかと思います。

 

 

 

 

 

ひやまの感想・目次

 

 

 

1.主題歌が耳に残り、印象的。

 

 

 

こちらが、t.A.T.uの歌う「you and i」です。

作中で、t.A.T.uのファンであるラナとジェニーが共同で作った歌であり、

本作の主題歌でもあります。なんだかとってもシリアスというか、

切ない感じの曲調が、本作そのものに合っていて印象的でした。

 

 

2.しかし、ラナとジェニーの心情描写が物足りない。

 

同性愛の場合、普通の恋愛よりも困難が大きいという点で、

より心情描写が重要になると思っています。個人的に。

しかし、ラナとジェニーは…確かに、肉体関係は持ったものの

(そういった描写もありました)

互いを想う、愛情があまり感じることができませんでした。

 

例えば、「ブロークバック・マウンテン」では、

イニスとジャックの溢れんばかりの感情がしっかり描写されていたからこそ

観ていて、とても心に響いたのですが…

今回は、そういった情熱というか、彼女等の想いが…

ううーん。ちょっと物足りなくて、残念。

 

3.舞台がモスクワなのが個人的に良かった。

 

 ロシア好きの私にとって、モスクワの風景や、

飛び交うロシア語はとてもよかったです。

あまり制作国がロシアの作品を観ることができないので

(日本語字幕があるものが少ない)そういった意味では貴重でした。

 

4.ちょっと展開が雑かもしれない。

 

例えば、ジェニーは中盤で薬に溺れます。

結構重症な状態になるのですが…最後にはアッサリ薬やめてます。

ううーん、そんなに簡単にドラックやめられるんかい!?

彼女への愛の力なのよ~なんて言われても、本作を観る限り、

薬に打ち勝つほどの愛があるように見えなかったのが本音であります…。

そういうわけで、ちょっと違和感を覚える部分があったのも確かです。

 

5.同性「愛」というよりは親友以上。

 

二人は、肉体関係を持ちましたし、濃厚なキスもします。

そういう意味では、同性愛モノだと言えますが、

全体的に見ると、めっちゃ仲の良い友達…親友のように見えます。

愛と呼ぶにはもう少し物足りない…そんな感じです。

 

 

6.まとめ

同性愛(ガールズラブレズビアン)に期待して見ると、

ややガッカリしてしまう可能性があると思います。

全体的に辛口な評価になってしまいましたが…

私はこの作品を観て良かったと思っています。

細かい点で、気になるところは多々ありますが、

ラナとジェニーの仲の良い様子はとても微笑ましく、

周りのキャラクターもなかなかおもしろいです。

マニアックな世界に触れてみたい方には、オススメです。

あまり有名ではないみたいなので、動画サイトではないかもしれません。

(ひやま愛用?のU-NEXTにはありませんでした…)

ぜひぜひ、レンタルしてみてください。

 

それでは、今回はこのあたりで…

 

 

 

関連記事♪

 

hiyamano.hateblo.jp

 

 

 

 ↓押してもらうと励みになるボタン(*'▽')

 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村